スタンフォード大学、近視や遠視など個人の視力に応じてVRディスプレイをパーソナライズする技術を探究中。焦点問題は液体レンズを使用。VR酔いも軽減