VRユーザが求めるのは「もっと多くのコンテンツ」「より良いコンテンツ」だと判明