シンガポール国立大学ら、色、匂い、味(舌への電気刺激)を制御し様々な風味を作成できる仮想カクテル・システムを論文にて発表